DREAM CONTEST’19 “1位”のyou-1さんが目指す夢

みんなの夢を応援するアーティストになりたい

12月8日に「第6回出張!まちなか大学祭」で開催した「DREAM CONTEST」。その観客投票により、見事1位の得票数を得た岡山県のシンガーソングライター、you-1-さんに「夢」について伺いました。

夢を追う人の背中を押したい

―まず夢を教えてください。

夢は、「夢を追いかけてる人」「夢を追いかけようとしていてくじけそうな人」そんな人達を勇気ずける元気を与えられるようなアーティストになることです。

―その夢を抱くきっかけは何ですか?

子どもの頃から歌を歌うのが好きで歌手に憧れてたんですが、子どもの頃から頭悪くて、ふざけてるような自分がステージに立って歌を歌うなんて、できるわけないと諦めていました。でも大人になっても、その想いは消えませんでした。諦めてるつもりでもホントは自分に言い訳をしてるだけなんだと感じました。僕自信スゴく弱い人間なんですが、こんな自分が夢を追いかけて頑張ってる姿をいろんな人にみてもらうことで、「夢を諦めかけてる人」の背中を押せたり、その人のために何か力になれたりできるのではないかと思ったのが一番のきっかけですね。

―現在の活動のきっかけは何ですか?

人前で歌を歌ったり、テレビに出演しているアーティストのようになれるなんて無理だと思っていて、誰にもそれを相談したことなかったんですが、僕がお世話になっているストリートダンスのチームリーダーの方に相談してみたんです。「できるわけない」って言われると思っていました。でも、そのチームリーダーの方から言われた言葉は「いいじゃん」って。その言葉にすごく救われました。今は、その人にアドバイスをいただいたり、イベントのPAなどしていただいたりしています。今の活動は、その人の一言がきっかけです。

―まちなか大学祭に出演してみて、いかがでしたか?

まちなか大学祭に参加させていただいて、とても楽しかったです。大学祭自体、経験がなくて、すごく新鮮でした。岡山駅前で歌える機会をいただけたことに本当に感謝しています。また、機会があればぜひ参加したいです。ありがとうございました。

―2020年の抱負を教えてください。

岡山でもっとイベントに出てyou-1-をもっといろんな方に知っていただきたいですね

―you-1さんのパフォーマンスは、歌だけでなく、ダンスも取り入れられていますが、元々ダンスをされていたのでしょうか?

歌より先にダンスの方をやっていました。最終的には歌いながらダンスを踊れる三浦大知さんみたいなアーティストを目指してます。

歌って踊れるアーティストを目指しながら、その姿を共有することで、夢を諦めかけている人の背中を押したいという、you-1-さん。SHARE DREAMでは引き続き、you-1-さんの夢を応援し続けます。

下記のURLからyou-1-さんの「夢への扉」が配信されている各種ストリーミングサービスにアクセスできますので、よければ是非聴いてみてください。

夢への扉 (you-1-)